サーマクールで蘇る細胞│美容外科の施術NAVI

女性

クマの改善

顔の手入れ

目の下のクマに悩んでいる女性は多いものです。寝不足や疲労がたまると一時的にクマができるという人は多いです。寝不足や疲労で出来るクマは青クマと呼ばれるものです。これらは血行不良が主な原因なので、血行を促進することで改善につながります。しかし、クマの種類によっては睡眠を取っても、治らないものがあります。黒クマと呼ばれるもので、目の下の眼窩脂肪を支える筋肉がたるむことから凹みが生じて影ができるもので、これはコンシーラーを利用してもなかなか消えません。加齢などが原因で生じるもので、血行を良くするという方法を利用しても、改善しないことから、美容外科で根本的な治療を行なう必要があります。また、疲労などで生じる青クマも、放っておくと老けて見える原因になるので、美容外科で改善していきましょう。

目の下のクマは、原因によって治療法もそれぞれ異なってきます。なお、くぼみができたことで黒クマが生じているというような場合、目の下にヒアルロン酸やボトックスなどを注入するという方法がとられることがあります。血行不良で青白くクマができている時も、ヒアルロン酸注入という方法が良く取られます。なお、目の下の脂肪が膨らんで、それがクマの原因になっている場合は、脂肪を取り除くという方法がとられることもあります。他にも色素沈着によりクマが発生しているという場合は、皮膚のターンオーバーを促進させて色素沈着の原因となっている角質を落とすという方法が行われます。クマの種類や原因は、なかなか自分では判断出来ないものです。クリニックでカウンセリングを受けて、自分に効果のある治療を選んでいきましょう。